第三者の視点は重要

女性

意思疎通は大切な部分です

これまで修業してきた経験を活かして自分のお店を始めるという人も沢山います。そんな中、飲食店を経営する場合だとスタッフに詳細な作業を任せるという場面は少なくありません。飲食店の経営を成功に導くためにも、各段階におけるスタッフとの意思疎通が行われる事が大切です。 飲食店を独りで切り盛りする場合には、全てが自分の自由になる点もありますが、その分客観的な利用者目線が必要になります。味に自信があっても、接客が悪いと経営に繋がらない危険性を有します。自分よがりの経営にならない様に、第三者の意見をもらうなども活用できる方法となります。 一方で、スタッフを複数雇用して、飲食店の経営を行う場合も多く存在します。この場合には、人が複数存在する訳ですから、考え方や意見が違うのも当然の状況となります。そこで、店舗の統一性を図るためには、マニュアルを作成しておくなども、売り上げ向上や経営存続に必要です。まずは、経営する側の飲食店コンセプトなどをスタッフに理解してもらう事が求められます。その上で、必要となる作業各段階において、スタッフの言動に統一性をもたせるのがマニュアルとしての役割になります。マニュアルを作成すると、当然こなせる内容として安心してしまいがちな部分もあります。しかし、マニュアルは、実際の作業に応用されてこそ活用できるものとなります。スタッフが十分に内容を理解し、作業できる様に導く事も大切です。 飲食店の経営は、利用者、店舗スタッフなど、人との交流が発生する場所である事を意識する事も重要な部分です。常に客観的な視線を保ちながら、軌道に乗せていく必要があります。